ゼロからの工事担任者

ゼロからの工事担任者

工事担任者,AIDD,AI1,DD1,AI3,DD3,AI,DD,総合種, 勉強法, 過去問, 難易度,合格率,電気通信,工事担任者試験,解答

 

 私が、最初に受験した工事担任者資格は、DD3種。それから順番にDD2種→DD1種→AI3種→AI2種→AI1種と合格を重ね、2年かけてAI・DD総合種を取得することができました。
全科目受験した人はそうはいないと思います。このような珍しい私の経験をサイトに詰め込みました。 

 

 工事担任者は、どちらかと言えば情報処理分野を得意とする人たちの方が合格しやすいと思われてます。確かに私自身、工学系出身だったのでそのアドバンテージは感じました。しかし、資格勉強を通して分かったことは、文系の方や他分野で働いていた方でも、勉強のコツやツボさえ押さえれば合格を十分狙えるということでした。

 

基礎問題は、計算公式と解き方さえ覚えれば(理論無視して暗記でも)対処できますし、
理論問題は、問題と解きながら回答解説を読んでいけば覚えるツボ分かってきます。
法規問題は、過去問を機械的に繰り返して解くだけで法律が頭に入ってきます。

 

工事担任者資格保有者が一人でも多く誕生して、
世の中に幅広く認知されることを願っています。