工事担任者合格の勉強・過去問なら

ゼロからの工事担任者

工事担任者資格をさらに生かすために

 この資格が生きる職業は、事業所や事務所などでネットワーク回線の接続工事をされる方だと思います。工事担任者取得後は、実技が伴った「電気工事士」資格も併せて取得すると強力な武器となるでしょう。

 

 また他にも、工事担任者に似た分野として、情報処理技術者の「ネットワークスペシャリスト」や日本データ通信協会の「電気通信主任技術者」などがあります。これらを勉強して、ネットワーク設計の経験を積むのも良いかもしれません。電気通信主任技術者では、工事担任者資格を保有していると一部の基礎科目で免除されます。

 

 合格は通過点。ネットワーク社会を生き抜いていけるように、新しい知識の習得に励み、一緒にITスペシャリストを目指していきましょう!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ